上司の指摘の仕方が本当に下手

 

どうも、最近僕の同期が同じ上司に死ぬほど怒られているので僕も気が滅入っています、角田です。

 

怒声が皆の耳に届いてかなり集中力が削がれていることが想像できます。

 

まぁ、何で怒られているのかって話なんですが……理由が様々でとてもここでは言い切れません。

 

基本は報告不足ですが、正直もうどうでもいいです。

 

というのも、ここ半年くらいの同期を回想するに、

 

行動報告行動に対する指摘、激怒行動報告行動に対する指摘、激怒

 

の繰り返しだったので、行動の反省や改善を行うよりも指摘されないよう報告内容を変えていく方に尽力していったのだと思います。

で、そこで報告していない事項がばれて呼び出される、と。

行動前や行動時のフォローはほとんどないそうで、全て事が済んでからの報告となるそうです。

 

僕はその上司になぜか気に入られていますが、僕はそれほど好きじゃありません。

 

言葉に関しての理解も甘いんです。

「○○って言葉は報告で絶対に使うな!!」とか、学校じゃないだから。

 

ふざけたニュアンスで用いらていないのは明らかであるのに、どうして目の前の人よりも貴方が信じている言葉の範囲を優先するのか、理解に苦しみます。

 

外国のドラマとかでよくある、不満そうな顔をして「うわ、最高」って皮肉を見たら「そうかそうか! 最高か!」って思うのかあんたは。

 

例えば……そう。百歩譲って、お客さんに自社の印象が悪く見えないように表現の指導をしているならまだ分かります。

揚げ足をとってくる人に向けて隙のない話術を授けているつもりなら見当違いも甚だしいのですが。

 

自分の部下の揚げ足をとって激怒して、あなた以外の誰が得をしているのですか?

って言ってやりたいです。

 

その人の僅かな快楽のために職場の雰囲気も悪くなって、同期やその先輩のモチベーションも落ち、結果仕事も上手く回らない。

 

その人にとっては曲がった針金を真っすぐに正しているつもりなのかもしれませんね。

それで反対側に曲がったものを後日見て、「また曲がってるじゃないか!」ってまた適切でない方法で曲げて……って感じなんでしょう。

 

 

まぁ、それはそうとしてもどうして怒声を浴びせる以外の選択肢がないんですかね。

 

怒ったりするのって、反省している人には全く意味を成さない行為じゃないですか。

「あの時の私のこれが悪かったな……」って人に「あの時のこれが悪かったじゃないか!」って改めて言ってどうするんですか?

それで教育している気にならないでほしいものです。

 

例えば、相手が自分を騙そうとしている等で怒るなら完全に証拠が出そろってからやってください。

尋問のように、相手が騙そうとしていたことを聞き出すということは、言葉の厳密な意味にこだわっている頭の悪いその人には高技術すぎます。

実際、同期はなにも悪くないのに怒られたりもしてますし。

 

 

なんて、僕が言ったところで変わるような人でないことは容易に想像がついています。

 

というよりこれは諦めです。

 

作りなおした方が早いんじゃないでしょうか。

 

 

皆さんは人への怒りが湧いた際はまずは自身に否があるか見つめなおし、その上で怒声を浴びせる以外の方法を探しましょう。

相手に好き勝手言って自分の思うように事が運ぶのは未就学児までです。

 

以上。